カラーコンタクトのメイク効果と使用上の注意点

スライド58

今回はカラコンのメイク効果と、注意点について

 

メイクの中で、特に強調させたいパーツは「目元」ですよね。

アイシャドウ、アイライン、マスカラのほかに、つけまつげ、エクステ、アイプチなどもあります。

数年前からドラッグストアやバラエティショップで「カラーコンタクト」が簡単に買えるようになりました。

私は、10代のころからコンタクトを使用しており、4~5年ほど前から黒目のふちを強調した「2weekアキュビューディファイン」を使用。

最近は、カラコンをよく使っています。

黒目が大きく見えたり、好きなカラーで印象を変えたり出来ますので、使われている方も多いと思います。

 

コンタクトにより、印象も変わりますので、メイクの一つとして上手に取り入れて頂ければと思うのですが、目元のトラブルがとても多いのも事実です。

 

例えば、「眼帯」の販売数量が増えています。

増えた理由は、「目の際までのアイメイク」「エクステによるトラブル」「コンタクトの間違った使用」など、購入者は女性を中心に増えています。

重篤な目のトラブルが起こる危険性もありますので、コンタクトは正しく使用しましょうね。

 

①初めてコンタクトを購入する際は、必ず眼科に行ってください。

現在の目にトラブルがないか、コンタクトを使用してもいいか、ソフト、ハードどちらが合っているかなど必ず見てもらって、装着方法も正しく教わって下さい。

初めてコンタクトを使う時に、近くの店で自分判断で購入し、装着方法も自己流だととても危険です。

 

②コンタクトケア用品・・・今回はソフトコンタクトの洗浄液について

大きく分けて3つの種類があります。

「ポピドンヨード系ヨウ素タイプ」

「過酸化水素タイプ」

「オールインワン(MPS)タイプ」です。

 

ポピドンヨード系ヨウ素タイプの魅力は、洗浄力が高く、短時間でケアが終わるため、忙しくて毎日残業して帰宅が遅く、コンタクトレンズの装着時間が長い方、ショートスリーパーの方には向いていると思います。

 

 

過酸化水素タイプ(AOセプトなど)は、洗浄力が高く、すすぎ洗いもいらないので簡単です。

注意点としては6時間以上は必ず置いてください。

10度以下の寒い室温だと時間がかかる場合があります。

6時間以内で装着したり、洗浄液でレンズをすすぐのも厳禁です。

眼球のトラブルになる可能性があります。

私も、睡眠時間が取れず、4~5時間後に、洗浄時間が短いことを忘れて装着して目が真っ赤になったこともありますので、絶対にやめてください。

正しく使えば、使い勝手がとてもよく、私はこのAOセプトを6~7年愛用しています。

 

 

「オールインワンタイプ(マルチパーパスソリューションMPS)」とにかく値段が安いです。

しかし、「こすり洗う」「すすぐ」「保存する」「すすぐ」の手間がかかります。

私も若いころにはずっとこのタイプを使っていましたが、ほとんどこすり洗いをすることはありませんでした。

保存するだけとして使っていたので、これは目に良くないと思い、AOセプトに変えました。

 

手間をかけれられる方には、低コストでオススメです。

 

私は過酸化水素タイプ、オールインワンタイプを常備しており、普段はAOセプト、睡眠時間が少ない日はオールインワンタイプを使用しています。

保存液があると、汚れが気になった時にすすぎ洗いもできて便利です。

どれも、特徴がありますし、間違った使い方はかなり危険ですので、ご自身がどのタイプの洗浄液を使用しているのか、使い方は正しいのか、今一度確かめてくださいね。

 

その他、1DAY,1weak、2weakなどのレンズ交換時期を守ることも大切です。

 

定期的に検査をするなど、目のトラブルや病気は起こりやすいので、カラコンだけでなく、コンタクトをされていらっしゃる方は、日々のお手入れに気をつけて、トラブルなしに目元のメイクを楽しんでくださいね!

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です