アイラインの引き方

今回のテーマは

「アイラインの引き方について」

スライド44

 

私が使っているアイライナーは現在、リキッドタイプとジェルタイプの2種類です。

上まぶたはリキッド、下まぶたはジェルライナーです。

 

私が使用しているブランドは

「モテライナー」、「ブリジット」、「インテグレート キラーウインクジェルライナー」です。

色は、アイシャドーのカラーによってブラックとブラウンを使い分けています。

 

ブラウン、ピンク系のアイシャドーの時は、「ブラウン」を

グリーン、パープルなどのアイシャドーの時は「ブラック」を選んでいます。

 

アイラインの引き方は

上まぶたの中央あたりから目尻の方面へ少しずつラインを引いていきます。

寝かせるように持ちます。

跳ね上げる、真横のラインにする、目じりのラインを下げるなど

目尻のラインの角度で目元の印象が変わりますので、

その時の気分、アイシャドーのカラー、ご自身が好きな角度で仕上げます。

次は、目頭から中央へ、まつ毛を埋めるように引きます。

リキッドが乾くまで斜め下を見ているとまぶたにつきませんが、もしまぶたにライナーがついても、着いた部分が乾いてから、化粧直し用の綿棒、または通常の綿棒の先を少し濡らしてふき取り、アイシャドーを少し重ねるとすぐに修正可能です。

 

下まぶたは、目のキワのラインにそって引いていきます。

目じりから3分の1ほどの部分にラインを入れると良いと思います。

目頭の部分は明るくさせたいので、ゴールドやホワイト、ピンクなどのカラーライナー

または、アイシャドウの明るめの色のパウダーを乗せて

濃い色のアイラインとの境目をぼかしてください。

 

ジェルライナーは柔らかく、するする伸びますので下まぶたを引く時に簡単です。

 

次回はアイライナーの種類と選び方についてご紹介します。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です