アイクリームの魅力について

今回のテーマはアイクリームについてです。

 

スライド37

私のスキンケア習慣において無くてはならない部分用美容液。

美容と健康は予防からということを様々な部分で身をもって体験していますが

アイクリームを使い続けたこともシワ予防効果を肌で実感しています。

 

私がアイクリームを使用するようになったのは26歳の時でした。

最初の出会いは、オバジパーフェクトリフトAAです。

2005年6月27日発売。

それから12年間、アイクリームが手放せなくなりました。

 

ドラッグストアの店頭で勤務しながら、当時は医薬品担当をしていたころです。

ロート製薬さんの勉強会で、

「今度オバジシリーズから、しわ、ハリに効くレチノール配合の美容液が出ます!」

という内容を聞き、まだそこまで深刻なシワ悩みがあったわけではありませんが、

「私は、この美容液を使わなければならない」

と思い、発売日からアイクリームを使うようになりました。

 

 

アイクリームの主な役割は、保湿、しわ改善なので、

予防目的で「目元、ほうれい線、おでこのしわ、毛穴の開き」部分に塗っています。

 

毛穴の開きの原因は「乾燥とたるみ」ですので、しわ改善の化粧品は有効です。

 

ちなみにオバジのAAは即効性のあるレチノールと、じっくりと効くレチノールを組み合わせて

ハリを導くコンセプトの美容液でした。

現在は、オバジダーマパワーX アイスペシャリストに変わっています。

 

しばらくして、メーカーの美容部員をしていた際は、自社のアイクリームを使用しており、

そのあと、またドラッグストアの社員になったときに、

新しくなったオバジのアイクリームを使用。

そのあと、プライベートブランドの化粧品からアイクリームが誕生したので、そのアイクリームを使用し、

現在は日本天然物研究所様のラメンテのアイクリームを使用しています。

 

 

ということで、私のスキンケアにアイクリームは欠かすことが出来ません。

 

 

アイクリームの目的は、勿論、目元のしわ改善ですよね。

アイクリームに主に含まれる成分はこちらです。

 

①レチノール(ビタミンA)

化粧品で多く使われるのは、

パルミチン酸レチノール、酢酸レチノールなどのビタミンA誘導体です。

主な効果は

・繊維芽細胞の活性・ターンオーバー促進・抗酸化作用・皮脂分泌抑制など

ビタミンAは油溶性成分で分子量は286でしたので、浸透性は高いのではないかと思います。

 

②アセチルヘキサペプチド-3(アルジルリン)(水溶性ペプチド)

スペインのリポテック社によって開発された成分。

表情ジワの原因となる物質の分泌を抑え、神経細胞の活動をやわらげ表情筋による皮膚のストレスの緩和を働きかける作用。しわ改善、発生の予防

 

③シンエイク(ジ酢酸ジペプチドアミノブチロイルベンジルアミド)

蛇毒性分で、スイスで開発されました。

筋肉の深く硬くなったしわを毒に含まれる神経遮断物質と同様の働きで弛緩させ伸ばします。

 

④ビタミンK

血管壁を強化して、血行を促進することにより、うっ血を改善

分子量は450

血栓を溶かして血液をサラサラにします。目元のクマが気になる方にオススメの成分です。

その他、アイクリームに良く配合されている成分として

ヒアルロン酸・コラーゲン・スクワラン・ペプチド(EGF・FGF)・ビタミンC・ビタミンEなど。

 

今、現在私が使用しているアイクリームに配合されている成分は

・EGF(ヒトオリゴペプチド-1)“表皮細胞活性化”

・プラセンタエキス(SPF豚由来)

・アセチルヘキサペプチド-3(アルジルリン)

・ビタミンA(パルミチン酸レチノール)

・パルミトイルペンタペプチド-4 “繊維芽細胞に働きかけコラーゲンの生成を促進”

・水溶性ビタミンC誘導体

・ヒアルロン酸Na

・イワベンケイ根エキス“抗糖化”

・スクワラン

・ビタミンK含有植物成分※

・ビタミンE(トコフェロール)

その他、アボカド油、ローズヒップ油、キョウニン油、ダイズ発酵エキス

 

という事で、しわ、保湿、抗酸化、抗糖化、等々・・・。

たっぷりと贅沢に美容成分が入っているので、満足して使っています。

 

アイクリームは目元以外のポイント悩みに使えます。

私のように目元、眉間、額、ほうれい線、毛穴の開きに加えて、

ご年配の方は口周りのシワ悩みで使っていた方もおられました。

 

 

シワが出来ない為の予防と

現在の気になる悩みの改善にアイクリームの継続使用はとてもおすすめです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です