思考について思う事。

人は日々進化し、変化が伴うもの。

それは思考や嗜好もそう。

 

過去の考えと現実の考えが変われば、「芯がない、ぶれている」という印象を与え

過去の考えと現実の考えが何一つ変わらなければ、

流れゆく環境、人、時代からぽつんと取り残されてしまいます。

 

どんな考えも、どんな言葉も肯定的に捉える方、否定的に捉える方両方いらっしゃいます。

どのように捉えられたとしても、その方の自由です。

 

思考が変わっても、芯があり、ぶれずに、「進化」という変化を未来の1秒先に積み重ねて、

ゆっくりと・・・ではなく、本当は階段2段飛ばしで駆け上がりたい。

そのようにいつも考えております。

 

 

私の脳に常に置かれている言葉。

 

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 

とても有名な言葉ですから、ご存知の方も多いと思います。

この言葉を日々意識するようになってから、本当に怖いなと感じることは、思考の癖。

私も人間ですから、良いことも悪いことも考えます。

考え(思考)、頭の中で重い浮かべる文章は、時と場合こそ選びますが、

どこかで言葉として発しています。

ビジネス、知り合い、目上の方など距離感を保ちながらお付き合いする方に対しては、

ほとんど否定形の「言葉」は発することはありませんが

友人と話をしているときに、ポロリと「○○が悪いから」などと発している

私の表情はその瞬間、歪んでいることでしょう。

 

 

怒りとは「モノ、ヒト、コト」など自分以外の「何か」が

自分の思い通りにならないから感じる感情ではないかと感じます。

 

「思考」は癖になります。

誰かが悪い、会社が悪い、家族が悪い、環境が悪い、運がないから悪い・・・。

一人一人の頭の中の広い世界の中で、

起きているときも、もしかしたら寝ているときも

このような思考の癖がついてしまったら、

その癖を直すことは非常に困難なことだと思います。

 

 

「誰か」が考え方を変えてあげることはできません。

「本人が」変わらない限り、それは難しいものです。

ただ、「人は変わらないから無理」の一言で済ませてしまうのはあまりにも悲しいことですから、

変えてあげたい大切な方がいる場合は、努力したいものですね。

 

 

私は、良い人間でも、賢い人間でもありません。

思考は癖になり、いずれ必ず「言葉」になります。

だからこそ、私は癖になるように、

意識しなくてもそのように考えられるように、

いわば毎日訓練をしているようなものです。

 

 

前向きな人の話を聞き、美しい文章を読む。

毎日毎日努力をしています。

私は出来ないことが出来るようになることを好みますので、努力は苦になりません。

これは、何もできない私の特権かもしれません。

知識も経験も知力も人間性もなんにもない。

なんにもないから、取り敢えず「やってみて(行動して)」

RPGゲームのようにレベルが上がって軽快な音楽が鳴る瞬間を楽しんでいます。

 

行動の後に、それが習慣化し、性格を形成し、やがて運命の場所に立つ。

 

私、自慢できる「一番」を取ったこと、恐らくほとんどありません。

かけっこの一等賞やテストで学年一番もほとんどありません。

 

でも、(国家としての問題はたくさんあるけれど)

日本人に生まれて、空気と、水と、治安の良い日本国に住んでいる。

これだけで、幸せじゃないですか?

もう、一生分の運、使い果たしてもお釣りがくるほどの幸運だと思います。

2017年のこの瞬間に「命」の危険と隣り合わせで生きている人々がどれだけ多くいらっしゃることでしょう。

 

 

「選択と責任は全て己にある」

「やりたいなと頭に思い浮かんだ事は、その瞬間にやる、行動する、出来る方法を探してみる」

「悪い出来事は己のせい、幸せな出来事は全てまわりの皆様のおかげ」

「すべての出来事は円(縁)のように丸く繋がる」

「誰かが何かをしてくれることはない。だからこそ誰かが背中を押して、手を取って助けて下さったら、全力で感謝しよう」

「無知は悪。情報は与えられるものではなく自分が取り行くもの。

だから日々の学び、そして無数のアンテナが必要」

 

 

私は誰に対しても、「こうすべき」などと自分の考えを押し付けることはありません。

私の考えは、私の行動に繋げるために存在しますので、

参考にして頂く必要もありませんし、否定を受ける理由もありません。

 

お一人お一人が、「自分はどうありたいか」。

 

運命までの道筋は、思考から始まります。

 

自分自身をたまには振り返り、不幸せの見つけ方をマスターするのではなく、

「幸せの見つけ方のスペシャリスト」になりたいです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です