化粧水の種類と役割

本日は化粧水の種類と役割について

IMG_1194

皆さんは化粧水を使用されていますか?

 

アンケート結果によると、女性の化粧水使用率は約75%。

(アンケートにより率はそれぞれ異なります)

100人中25人が化粧水を使用していないという結果です。

この数字を多いとみるか、少ないとみるかは、化粧水を使っている人使っていない人で別れると思いますが、おそらく使用していない理由の多くは

①全くスキンケアをしない人

②皮膚疾患等でスキンケアをしたいけど出来ない人

③オールインワンゲルを使用している人

などに分かれるのではないでしょうか?

 

余談ですがオールインワン市場は、非常に大きい規模です。

一番有名なドクターシーラボさんがおよそ19年前の1998年にオールインワンジェルを発売したそうですが、そこからさまざまなメーカーさんからオールインワンゲルが発売され、女性の社会進出の推進に伴い、外での仕事と家の中の仕事が合わさり、時短コスメはますます広がっています。おそらく国内だけではなく海外も併せて年間数百万人の方がオールインワンゲルを使用しているとすると、おのずと化粧水使用者数も減ってくると思います。

その中でも化粧水とオールインワンゲルの2つを使用している方も結構いらっしゃいます。

 

話を本題に戻しまして、化粧水の目的は、

水分を補い、しなやかな肌にします。次に使用する乳液や美容液の浸透を高めます。

 

化粧水の種類は大きく4つタイプがあります。

①一般的な化粧水、いわゆる柔軟化粧水と言われるものでほとんどの方が使用している化粧水です。

保湿・美白・エイジング・ニキビ・年齢など目的によって選びます。

タイプは「さっぱり・しっとり・とてもしっとり」など。

肌を潤わせ、整えます。

 

②ふきとり化粧水

クレンジング、洗顔で拭いきれない汚れ、古い角質を取り去ります。

肌表面を清潔にし、次に使う化粧水や美容液、乳液の浸透を高めます。

 

③収れん化粧水

アストリンゼント・トーニングともよばれます。

肌を引き締め、テカリを防止し、化粧崩れを防ぎます。

皮脂が多い方、毛穴が気になる方にオススメ。

 

④大容量化粧水

コットンパック・ローションパックに。

日焼け後のほてりを沈めます。

全身保湿、ボディにも使えます。

 

 

続きまして・・・

コットン使用、手使用、どちらがいいの?という質問がよく見られます。

どちらもメリット、デメリットがあります。

お肌やスキンケア習慣の中で、どちらが向いているのかで判断してみてください。

 

コットンを使用の場合、少し大きめのコットンに500円玉大を塗布します。

コットンの裏にもたっぷりと化粧水が染み込むように。

(化粧水の量が少ないとコットンが毛羽立ちやすくなります)

パッティングをする場合は短時間、軽い力で行う。コットンが乾いてきているのにそのまま使い続けないでください。

(ちなみに私はパッティングをしていません。)

 

コットン使用の良さは、肌のどの部分もまんべんなく塗布することが出来ること。

資生堂さんの動画ですと、手使用とコットン使用でムラの有り無し画像を見ることが出来ます。

 

また、「コットンを使用すると、直接手で塗布していないので肌に細菌や汚れが付かずに清潔ですね。」と仰っていたメーカーの研修担当者もいましたが、美容液やクリームなど直接手で付ける化粧品もあり、「化粧水、乳液をコットン使用し、他のスキンケアは行っていない」というようなお手入れの方以外にはあまり意味がない説だなと思います。

コットンを使用してお肌を清潔にというより、正しくは、スキンケアを行う前の手のひらは清潔に、ではないかと思います。

 

次に、手で使用する場合は、目周り、小鼻周りなど細かい部分に丁寧につけます。

肌の上をコットンで滑らせることにより、わずかでも肌に刺激になると判断される方、皮膚が薄い、敏感肌の方はコットンを使用されない選択もありだと思います。

 

私は、朝はコットン使用しており、夜は化粧水の前にオイル美容液をつけているので、化粧水を手で付けています。

 

コットン使用者の中には「毛羽立つから嫌い」という方もいらっしゃいますが

おそらく塗布している化粧水が少ないので、コットンが毛羽立ってくると思います。

私も、10年以上前は、毛羽立ちを防ぐために、ユニ・チャームさんのシルコットのコットンを使用していました。

中綿を包み込んだタイプなので端から毛羽立つことはありません。

 

しかし、メーカーの美容部員になって、最初はコットンが2~300円なんて高いな・・・と思いましたが、使用感、肌当たりが全く違います。

もう、安いコットンには戻れません^^

 

このようなメーカーさんが出している300円前後のコットンに、

たっぷりの化粧水を塗布して使うととっても気持ちがいいです。

 

同価格帯のコットンはどこのメーカーさんでもそんなに大きな違いを感じませんでしたので、お好きなメーカーさんや、枚数、大きさで選ばれるといいと思います。

 

コットンも大事なお道具の一つです。

良い物を選んでくださいね!

 

勿論、ベネフィークやコスメデコルテ、シャネルのコットンなど、高価なコットンもたくさん存在しているのでご予算に合わせて色々試してみるのも良いと思います。

 

手で使うメリットは、肌への刺激が少なくつけられること。

また、毎日手のひらで肌に触れることにより、肌の調子の変化も気づきやすくなります。

しかし、デメリットとしては、部分的に塗りムラが出てくること。

 

ですので、手のひらからこぼれない量を取って、数回なじませる、必ず塗り残しが出る目周り、鼻周り、口元は意識して塗布するなど、スキンケアタイムをリラックスタイムのようにゆったりと楽しめる方には、手の使用がオススメです。

化粧水を少し取ってぱっぱとつけて完了してしまうのはムラだらけになってしまします。

化粧水の本来の役割を実感頂くためにも、たっぷりとつけてくださいね。

 

あと、あまりいらっしゃらないかと思いますが、化粧水をつける時に、パンパンと肌をたたかないでくださいね。優しくなじませてください。

肌表面からたった0.1~0.2mm下には毛細血管も存在します。あまり強い刺激を与えないでください。

 

その他の化粧水の種類と役割について。

①ふき取り化粧水

美容雑誌の広告で見る、クリニークのクラリファイングローションやSK-2のフェイシャルトリートメントクリアローション、お手頃価格では、ナリス化粧品のネイチャーコンクなどたくさんの種類があります。

 

目的は、古い角質除去、クレンジング、洗顔で取りきれない汚れをオフ、肌のphを整え次に使うスキンケアの浸透を高める・・・などが主な目的で、そのほかは、保湿や美白などの美容成分も配合して、取り除くことと、与える、軽いピーリング効果などでメーカーさんの特徴を出していきます。

 

古い角質や汚れを取り去ることが目的なので、コットン使用します。

 

ちなみにふき取り化粧水の歴史は、1937年、ナリス化粧品さんの「コンク」が第一号だそうです。

2017年2月6日の毎日新聞のナリス化粧品さんのインタビュー記事によると発売から80年を記念し、2月10日を「ふき取りの日」として日本記念日協会に申請、認定されています。

ふき取り化粧水の市場規模も2015年度170億円という事で、いろんなメーカーさんからたくさんの商品が誕生していることが伺えます。

 

②収れん化粧水

こちらは、資生堂さんから抜粋します。

収れん化粧水とは、乱れたキメを整えながら、肌を引きしめる化粧水です。

うるおい効果があるだけではなく、瞬時に肌を引きしめ、皮脂をコントロールし、キメを整えながら肌をひんやり気持ちよく整える効果のある化粧水。

キメの乱れや毛穴の開き、化粧くずれなどが気になる方にオススメです。

使用方法は、収れん化粧水は、洗顔後に化粧水、乳液をつけた後に使用します。

洗顔後につける化粧水は、いわゆる柔軟化粧水といわれるもの。肌に水分を行きわたらせて、あとにつける化粧品の浸透をよくする化粧水なので、収れん化粧水とは異なります。

コットンに500円玉よりやや大きめに取り、肌がひんやりするまでパッティングします。

特に毛穴の開きや皮脂浮きが気になるところは丁寧に行います。

資生堂さんの推奨は、風を送るように下から上に肌がひんやりするまで顔全体で100回を目安に・・・ってなかなか大変ですね。

動画を見ると55秒。100回とは叩き過ぎな気はしますが、動画ではかなり優しく丁寧に肌を傷めない様にパッティングしていました。コットンの化粧水はどんどん乾いていくと思いますので、使われる方は必ず化粧水を足しながら使用してください。

 

③大容量化粧水

こちらも種類も多くとても売れています。

コットンパックや全身に惜しみなく使える良さはありますが、中には大容量化粧水を通常のスキンケア化粧水として、プチプラコスパ良しとして使っていないかな?という事です。

通常の化粧水の3~4倍の量が入っています。それが、500円~1000円で購入できます。

精製水は90円前後で購入できます。

大容量化粧水に配合されている成分や、配合量が謎です・・・。

 

大容量化粧類に、無印良品のスプレーヘッドを購入してつけると、使いやすいですよ。

規格はだいたい合うと思います。

(合わなかった場合責任はお取りできませんが・・・)

 

日焼けを良くされる方が、炎症を抑えるために素肌にたっぷりつけるには向いているかなと思います。

 

という事で、今回は化粧水の種類や特徴、使用方法についてお伝えいたしました。

 

皆様も肌質、肌悩みに合わせて化粧水を選んで、正しくお手入れしてくださいね!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です