今すぐ摂りたい!ビタミンCの美容と健康パワー!

本日のテーマは「今すぐ摂りたい!ビタミンCの美容と健康パワー!」です。

 

 

IMG_1112

 

 

私は美容の仕事の前に、医薬品販売者をしていましたので、成分の効能効果や含有量、種類について調べるのが大好きです。
薬剤師ではない私が、いきなりドラッグストア業界に入って、聞いたこともないカタカナ成分をひたすら覚え、

3年ぐらいするとだんだんわかってきて楽しくなってきたのです。
例えば、「頭が痛い」時に飲む薬にはいくつもの鎮痛成分がたくさんあるように、

「美白」や「たるみ」に効く成分も、様々。
「プラセンタ」といっても、馬、豚、植物など種類があり
同じ効能を持っていてもより優れたもの、高い原料、安い原料、何から抽出したのか、

含有量はどのくらいか・・・で効果も変わってきます。

 

一つだけ、化粧品ではっきりしないのは「含有量」です。
化粧品は医薬品と違い、どの成分を何ml配合したなど開示義務がないので、出すも出さないも化粧品会社の自由です。
効能効果にスッキリ納得できない部分も多いのですが、それでもいい成分を求めて

これからも素晴らしい化粧品を探し、最終的には適正価格で最高の化粧品を作りたいと思っています!

 

 

そんな成分マニアの私がお伝えする第一弾。
「ビタミンC(アスコルビン酸)」について
私はビタミンC信者です。
「なぜ肌が白いの?」お尋ね頂くことが多く、その理由は

「長年、ビタミンCを飲んで、化粧品を使って、紫外線予防しているから」と伝えております。
私の肌と健康はビタミンCが支えてくれたからだと心から思っています。

私がビタミンCと出会ったのは、24歳の時。
今から14年前です。
ドラッグストアに入社して、ビタミンCの話を聞いたときに、

「これを飲んだら、風邪ひかなくなるかな・・・」と思ったことと、

当時同じお店で働くビューティー担当者さんが

「後藤ちゃん、肌が白くなりたいんだったらこれ使いなさい」といって進められたのがロート製薬さんの「オバジC」でした。
そして、ビタミンCを飲み続け、途中からは化粧品はオバジではなく別のビタミンC美容液を使いましたが、

変わらないのは14年間「ビタミンCを飲んで、肌につける」という事を継続したこと。

 

 

私が感じる体の変化としては、若かりし頃一年中、風邪をひいてばかりだったのに

「風邪ひかない、インフルエンザにならない、体調が良い、イライラしなくなってきた、疲れにくい」など。
これもビタミンCのおかげだと信じているのですが、「イラッ」とすることは、年々昔に比べてかなり減りました。

ビタミンCには事実その効果があります。
肌の変化としては「全身白くなった、しわやシミが38歳の年齢にしてはやや少なめだと思う・・・」と、

肌も体内も抗酸化作用による老化防止に繋がっていると思います。

 

健康に関しては、飲み続けて半年してくらいから実感しました。
「肌白いね~」と言われるようになってからは飲み続けて6年後、30歳前後からくらいです。

なのでビタミンCを試そうかなという方は、ビタミン剤1本、美容液1本で効果は出ませんので、

永~く続けて、ふと気づいたら「あれ?最近風邪ひかないな・・・肌の調子がいいかな?」と感じるものです。
すぐに効果が出ないからと言って摂りいれないのは勿体ないのではないでしょうか?
例えば40歳から使って1年後には何となく体調がよく、46歳で40歳の時より若く見える・・・とか
60歳で初めて、気づけば体調がよく、70歳でもなんだか肌が明るくて美しい・・・なんて、夢がありますよね!

健康も美容も、始めるタイミングが早いことがよりよいのは間違いありませんが、「遅い」事はありません。

 

 

ビタミンCの効果効能について。

ビタミンCは科学名で「アスコルビン酸」と言います。
水溶性の成分、体の中で作ることが出来ないので、補わなければいけません。

主な働き(体)
・カルシウムの吸収と代謝に関与する・・・弾力のあるしなやかな折れにくい骨を作る
・免疫機能を高める・・・ウイルスに対抗するインターフェロンという免疫物質を生成するときに必要になる
・粘膜を正常に保つ・・・風邪などの時はウイルスが侵入しにくい環境サポート
・鉄の吸収を高める・・・鉄剤にも、ビタミンCを配合しています
・糖の代謝に関与する
・アレルギー反応で生じるヒスタミンの放出を抑える
・ストレスを軽減するホルモンの生成を促す

(私はこれで、イライラが減ったんだと思っています。ちなみにストレス耐性度を機械で2回ほど別々の場所で測ったことがありますが、

2回とも強靭なストレス耐性度を持っていると数値が出ましたし、自分でも納得してます。)
・アルコールの分解を助ける
・アミノ酸の代謝に関与する
・タバコの毒性の無毒化を促す
・胃がんの予防効果
・動脈硬化予防
・肝臓の解毒
・テロメア短縮抑制など。

私が感じた体の変化として、10代~20代前半までは扁桃腺の腫れで喉痛で悩んでいたのに、気づけば、喉の痛みだけでなく、風邪もひかなくなっていました。
粘膜を正常に保つ働きが効いているんだと思います。
また、もともとアレルギー体質ではないのですが、現在でも花粉や金属アレルギーなど今の所困っていません。

あと・・・もっと調べてみたいのが「テロメア短縮抑制」について。
皆さん、テロメアってご存知ですか?私が知ったのはこの1年くらいで最近の事。
ネットなどで検索すると「不老不死のカギを握る、テロメア」という言葉が出てきます。

生物の体の中では、細胞が分裂するたびに、テロメアが短くなっていきます。
子供と老人のテロメアを比べると老人の方が短い。テロメアが限界近くまで短くなると細胞は老化し、天寿を全うするそうです。
ビタミンCにはこのテロメアの短縮化を抑制する、つまり短くさせない効果があることにより、細胞の老化スピードを遅らせます。
まだまだ私にとっては未知ですが、老化スピードをゆるやかにしたいですよね!
体、肌両方への作用
・抗酸化作用・・・肌も体内も錆びさせない。老化防止。
・コラーゲンの生成を促す・・・肌のハリ、弾力
・メラニン生成を抑制する・・・シミのもとであるメラニンを作らせない
・メラニンの還元・・・黒くなったシミのもとのメラニンを薄くする
・繊維芽細胞活性化・・・コラーゲン繊維、エラスチン繊維、ヒアルロン酸を生み出す細胞を活性化する
・過剰な皮脂分泌抑制・・・てかりやすい、ニキビが出やすい
・ビタミンEの再生・・・ビタミンEは酸化物質を打ち消す際に自らが酸化物質となります。
ビタミンCは再びビタミンEに再生します。

と、いう事で、ビタミンCにはシミしわたるみ、毛穴、ニキビ・・・など

「保湿」以外の様々な美容効果があるといっていいと思います。

 

ビタミンCが消費される原因
・喫煙
・飲酒
・ストレス
・甘い物の食べ過ぎ
・激しい運動
などで失われ、自分の身体で作りだせないのでしっかりと補うことが大切です。

 

ビタミンCの種類
ビタミンC・・・即効性がある、酸化しやすく安定が悪い
ビタミンC誘導体・・・ビタミンCの力を損なわない様に改良し安定化させた成分
リン酸アスコルビルマグネシウムが一般的です。ビタミンC誘導体は多くの化粧品に配合されています。
油溶性ビタミンC・・・ビタミンCの特徴は「水溶性、酸化しやすい、壊れやすい。」
肌はバリア機能があるため水溶性成分の浸透は難しいです。
油溶性は浸透しやすいビタミンCです。しかし、まだそんなに使われている化粧品は多くないと思います。
新型ビタミンC誘導体
アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸APPS(アプレシエ)・・・最近目にするようになりました。
リン酸型ビタミン誘導体にパルミチン酸を付加したもの。
経皮浸透が良いだけではなく、抗しわ効果もあり刺激も少ないようです。
調べたところ、アプレシエは水溶性、油溶性両方の作用も持ち合わせており、確かに真皮まで経皮浸透が出来れば、

コラーゲンの合成促進や、繊維芽細胞に働きかけがしやすくなるのも原理としては理解できます。
最近の美白化粧品への配合が増えてきましたし、、気になる成分です。

 

ビタミンCの一日摂取量
推奨量は100mgほど。
赤ピーマンや黄ピーマンだと、一個でクリア。
レモンは1個50mgくらいなので2個分です。
果物や野菜をたくさん食べる方はビタミンC欠乏症にはなりません。
しかし、美肌、健康に気を遣う方は1日1,000~2,000ml取ることがオススメです。

ビタミンCは数時間で体内から排泄されます。
正しい摂り方は、血中濃度を一定に保つためにも、このビタミン剤なら1日6錠なので、

食後に2錠ずつ3回飲むこと。(タケダのビタミンCの添付文書は一日2回と書いています)

 

ただし、1日2回も3回も飲むのは負担が大きく継続できなければ意味がないと考えていますので、

朝晩3錠ずつ計6錠飲む。

または、6錠絶対に飲まなければならないわけでもないので、

例えば私は飲み忘れしない様に、朝だけ3~4錠飲んでいます。
又は夜だけ3~4錠飲んでも良いと思います。

飲むビタミンCを選ぶポイントは

「医薬品、15歳以上の1日最大服用量中ビタミンCとして2,000mg、アスコルビン酸カルシウム、1日6錠」
サプリメントではなく医薬品のビタミン剤コーナーに行って、

一番有名なタケダさんのビタミンCの隣に置いてある無名の製薬会社さんののビタミンCも

中身はほとんど変わりませんので、安心して飲んでください。

ビタミンCは飲みすぎるとお腹が緩くなるのでほどほどに。1日5,000mgくらいまでは飲んでも大丈夫みたいです。
安い、安心、エビデンスが多い、効能効果が豊富・・・ビタミンCのすごさ!何歳からでも遅くありません。

 
やってみようかな~という方は是非、毎日の生活に取り入れて、継続してくださいね。

(服用を強く勧める目的ではありませんので、ご自身の責任と判断のもとでお願い致します)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です