ハリを高めるメカニズムと3つの方法

ハリを高めるメカニズムとは?

 

40代ごろから、上位にランキングしてくる肌悩み。

「シワやたるみ」

 

最近では30代や、その方によっては20代の方からも

「たるみが気になるんです・・・」と。

 

気になり始める年齢は人それぞれですが、必ずやってくる「たるみの悩み」

そこで、ハリを高めるメカニズムをご紹介したいと思います。

 

IMG_1062 (2)

肌の奥の真皮層には、「コラーゲン繊維、エラスチン繊維、ヒアルロン酸」など

名前を聞くだけで、「ハリに関係ありそう!保湿に効きそう」というイメージはありませんか?

 

コラーゲン繊維は真皮層の中にあり、真皮中の約7~80%を占めます。

よくベッドのマット部分に例えられます。

 

この、体内のコラーゲンは20歳ごろから急激に減り始めます。

 

エラスチン繊維は、コラーゲン繊維を束ねて弾力を持たせる役割です。

真皮中の構成比は約2%ほどです。

こちらは、ベッドのスプリングに例えられ、肌の弾力を担っています。

 

エラスチンは幼児期から青年期に体内で作られ、20代ごろをピークに急激に減少します。

エラスチンが減少すると、しわやたるみが生じます。

 

そして、ヒアルロン酸。

ヒアルロン酸は、真皮のコラーゲンやエラスチンなどの主要な構成要素の隙間に存在しており、水分を抱え込む役割を持っています。

 

ヒアルロン酸も20代ごろから減り始めます。

 

30代から「たるみが気になる・・・」と感じる方がいるのも納得ですね。

 

何も対策をしなければ、たるんでいく一方なので、増やしていきましょう!

 

たるみケアには大きく3つのアプローチ方法があります。

①コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を補う

②コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生み出す「繊維芽細胞」を活性化する。

③「繊維芽細胞」を生み出す「真皮幹細胞」に働きかける。

です。

 

ひとつめ、コラーゲン繊維、エラスチン繊維、ヒアルロン酸を増やすためには

①コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸をダイレクトに取り入れる。

 

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸配合の化粧品を使う。

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸配合の健康食品を飲む。

 

ただし、肌からの経皮吸収や体内の吸収は非常に難しいです。

加水分解ヒアルロン酸、低分子コラーゲン、低分子エラスチン、Nアセチルグルコサミン・・・など、分子量が小さいと言われているものを補う・・・という必要性があります。

 

化粧品や健康食品にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸と書いてあるかというだけでなく、浸透させやすい商品かどうかを選ぶ必要があります。

 

例えば・・・資生堂さんはコラーゲンの研究を長年行っていますし

マヨネーズのキューピーさんはヒアルロン酸の研究をされています。

 

しかし、正直、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンをとりいれて、それが目的であるハリアップに繋がるかは・・・少し難しいです。

 

次に、

②コラーゲン繊維、エラスチン繊維、ヒアルロン酸を生み出す「繊維芽細胞を活性化」させる。

 

レチノール(ビタミンA)、アスコルビン酸(ビタミンC)、ナイアシン、プラセンタ、FGFなど。

 

大元を元気にさせて、細胞をたくさん作ってもらうこともできます。

特にFGFは繊維芽細胞増殖因子といわれ、プラセンタの中に含まれます。

FGF配合の化粧品を使う事や、プラセンタを飲んだり化粧品を使うことで、真皮層の繊維芽細胞を活性化させることに繋がります。

 

③繊維芽細胞を生み出す真皮幹細胞にアプローチする。

解りやすいのが、資生堂さんの資料ですが

 

<4 つの発見>

①真皮の線維芽細胞を分化している真皮幹細胞は血管のまわりでのみ安定に存在できる(

②真皮幹細胞が血管のまわりで安定に存在するためには、成長因子(PDGF‐BB※2)が必要である

③真皮幹細胞と成長因子(PDGF‐BB)は加齢で減少する(図 5)

④成長因子(PDGF‐BB)の発現を高める成分が「イノシトール」です。

イノシトールとは・・・植物の種子や穀類などに多く含まれるビタミンBの一種。人体にも存在し、脂肪・コレステロールの代謝に重要な役割をつとめている。

 

ということで、「たるみが気になる」という悩みには

3つのアプローチ

①コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を補う

②コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生み出す「繊維芽細胞」を活性化する。

③「繊維芽細胞」を生み出す「真皮幹細胞」に働きかける。

 

一つだけ行うのではなく、複合的にケアをすることによってより効果が表れやすくなりますので、是非試してみてくださいね。

 

勿論、紫外線から肌を守って光老化をさせないでくださいね!

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です