【メラニンケア】シミが出来るメカニズムとその対策方法

美しい肌をキープするためにはシミは出てほしくないけど、体のためには大事なメラニン。

今回は、シミの種類、シミが出来る原因、その対策について動画を作成してみました。

IMG_1038

メラニンは表皮の基底層にあるメラノサイトによって生成されます。

メラノサイトは紫外線などの刺激を受けるとメラニンを作り出すのですが、

これはメラニン色素を含む表皮細胞で肌内部を守り、

肌細胞が紫外線によるDNAの破壊や皮膚癌の発生を、未然に防いでいます。

つまり、メラニン色素は肌トラブルや病気を防ぐために存在します。

 

次に、シミの種類です。

・老人性色素斑・・・シミの中でもっとも多いのは、紫外線が原因のシミ。

ほお骨の高いところやコメカミにできやすく、数㎜~約1cmほどの大きさの平坦で丸い色素斑であることが多いです。

 

老人性色素斑は、これまでに浴び続けてきた紫外線が原因で現れてくるシミのことをいい、

紫外線によく当たる、顔・腕・手の甲にできやすいシミです。

紫外線を浴び続けることでメラノサイトが刺激を受け、メラニン色素をつくりだします。

 

続いて肝斑。

頬骨や鼻の下、額に左右対称にでる濃淡の均一なシミ。

30~40代の女性によく見られ、閉経とともに消えるので、

女性ホルモンが関係していると言われています。

また、妊娠中やピルの服用中にも出現しやすくなります。

内服薬(トラネキサム酸)が有効です。

 

・雀卵斑(そばかす)

小さな斑点が鼻を中心に顔全体に散らばったように出るソバカスです。

 

米粒大までの不規則な形で、色は淡い褐色。

幼少期から出始め、成長とともに増えたり、紫外線の影響で濃くなることもあります。

雀卵斑が出来やすい体質が遺伝し発生するとも言われています。

白人に多く見られ日本人では色白の人にできやすい傾向があります。

顔の他には、背中、胸元、肩、腕など、紫外線に当たりやすい場所にそばかすが現れることがあります。

 

・炎症性色素沈着・・・ニキビや肌荒れからシミへと変化してしまったもののことです。

皮膚の炎症によって活性酸素が発生して、メラニン色素を作り出すメラノサイトが刺激を受け、チロシナーゼという酸化酵素を活性させます。

主な原因は、ニキビ(吹き出物)、虫さされ、極端な日焼け(サンバーン)、火傷(やけど)、アトピー性皮膚炎、湿疹、、あせも、アレルギー性皮膚炎、化粧品かぶれなどによって発生することが多いです。

 

・ADM・・・後天性真皮メラノサイトーシス。

両頬の上部・額の両端・鼻翼部などに多発し、大きさは1~3mmほどで境界はハッキリせず、いくつかまとまって出現するのが特徴です。

シミは、皮膚内のメラノサイトが紫外線などさまざまな原因からメラニンを過剰生成して発生しますが、ADMは、メラニンの生成される層が真皮層のため、メラニン色素がなかなか排出されずに蓄積します。

 

 

<紫外線(炎症)によるシミのメカニズム>

①紫外線や外部刺激によりメラノサイトに「メラニンを作れ」という指令を出します。

(プロスタグランジン、プラスミン、ホスポリパーゼ、エンドセリン、SCF、など)

②情報を受け取ったメラノサイト(メラニン生成細胞)が酵素チロシナーゼ(酸化酵素)を活性化させ、チロシンに作用します。

③アミノ酸の一種であるチロシンがチロシナーゼにより化学反応がおこり、チロシン→ドーパ→ドーパキノン→ユーメラニン(黒色メラニン)へ変化します。

④メラニンがケラチノサイトに蓄積し、色素が沈着しシミとなります。

 

紫外線に当たっていなくても、シミが消えない・・・ということはありませんか?

シミ部分は弱い炎症になってメラニンが増加しています。

メガネをかけられている方で、外すと鼻に跡が残っている場合がありますよね。

鼻の上にのせているだけですが、ずっと刺激を受け続けている状態となり、メラニン色素が発生し、色素沈着します。

 

シミケアに大切なことは3つ。

①メラニンの生成を抑えること

②黒くなったメラニンを薄くすること

③炎症を抑えることです。

 

 

<シミ対策>

美白化粧品

①情報伝達物質をブロックする・・・カモミラET(ソフィーナさん)、トラネキサム酸

②チロシナーゼ酵素の活性を抑制する・・・ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸(コーセーさん)、ルシノール、(ポーラさん)エラグ酸、ビタミンC、プラセンタエキス、油溶性甘草エキス(グラブリジン)、リノール酸など

③黒色メラニンの淡色化(メラニンの還元)・・・ビタミンC、ハイドロキノン

④ターンオーバー促進(メラニン排出)・・・4MSK(資生堂さん)、プラセンタ

⑤表皮細胞へのメラニンの受け渡しを阻止・・・D-メラノTM(ニコチン酸アミド)(SK-2さん)

⑥メラノサイト活性化因子の働きをブロック・・・トラネキサム酸

 

<シミ対策>内服

①トラネキサム酸(トランサミン)

トラネキサム酸が、もっとも初期の段階でメラノサイト活性化因子(プラスミン)を阻害し、メラニンをつくるための情報伝達をブロックします。(第一類医薬品)

②ビタミンC・・・メラニンの生成を抑える。黒色メラニンの淡色化(メラニン還元)、抗酸化作用

③L-システイン・・・ターンオーバー正常化

④プラセンタ・・・メラニンの生成を抑える。ターンオーバー正常化

⑤クコの実(ゴジベリー)・・・紅斑と黒化を抑える効果、黒化した肌の回復を早める。

美白のお手入れは、内外美容、両方していくことがより結果が出やすくなります。

 

シミ対策は

①紫外線から肌を守る

②美白成分配合のものや、たっぷりの潤うスキンケアを心掛ける

③インナーケア

 

など、様々な角度からお手入れをすることで

効果が早く表れやすくなりますので

是非、毎日の美容に取り入れてみてくださいね!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です