【基本】紫外線と日焼け止めの選び方

7月に入り、毎日30度を超える暑い日が続いていますね。

日焼けやシミが濃くならないか・・・気になりますよね。

そこで、今回は「紫外線と日焼け止めの選び方」を動画で前編、後編で作成いたしました。

 

IMG_1036

紫外線を浴びると、肌が黒くなり、そしてシミが出始めます。

皆様もご存知の事だと思いますが、今日はもう少し詳しくお伝え致します。

 

紫外線には波長の長さに種類があります。

UV-A、UV-B、UV-Cの3種。

UV=ウルトラバイオレットと呼びます。

違いは「波長の長さとエネルギーの強さ」です。

 

UV-Aはオゾン層、雲、肌表面の表皮も通り抜けて「真皮」まで到達します。

UV-Bはオゾン層、雲、肌表面の表皮まで

UV-Cはオゾン層で吸収され地表には届きません。

 

紫外線は波長が短いほど、エネルギーが強く、肌などへの影響が強くなります。

一つ目は、UV-C。

こちらはオゾン層で吸収される短波長紫外線です。

もしも地上に降り注ぐと、皮膚炎やガンの原因になったり、1時間ほど直視すると失明に至る可能性があるほど強いエネルギーです。

その強いエネルギーを利用し、人工UV-Cにより、殺菌作用を使う場合もあります。

 

 

次は、実際肌に到達する紫外線のお話です。

次のUV-B、中波長紫外線、オゾン層を通過し肌に到達します。

年間では、7月と8月が最も強くなります。

UV-Bは全紫外線の約5%を占めます。

おもに肌の表面で吸収されるため、肌の奥の真皮層まで達することはほとんどありませんが、UVAより強いエネルギーを持ちます。

浴びたUVBは表皮に影響を与え、細胞を損傷して火傷のように赤くなったり(サンバーン)、そのあと、メラニン色素が沈着して褐色になったり(サンタン)、シミやソバカスの原因にもなります。

 

特徴

・波長が短く表皮に届くこと

・屋外での日焼けの主な原因

・肌に強く作用し多量に浴びると赤く炎症を起こす

・海やリゾート地などでの「レジャー日焼け」の原因となる

など、主に肌表面に影響します。

 

 

UV-Aは長波長紫外線です。

オゾン層も雲も表皮も通過し、真皮にまで到着します。

UV機能のない、カーテンも窓ガラスも通します。

以前、某化粧品メーカーさんの教育担当者に言われたのは、

「日中、家で電気をつけずに物が見える明るさであれば、そこには紫外線があると思った方が良い」と。

ですから、「美容」のためにも、朝は必ず日焼け止め、または日焼け止め機能を持つ乳液を使ってくださいねと教わりました。

このUV-Aもピークは夏場ですが、3月頃から急激に強くなります。

 

UV-Aは地表に届く全紫外線のうち約95%を占めます。

それ自体のエネルギーは弱いものの、照射量が多く、浸透力が高いので肌に与える影響は深刻です。

浴びたUVAの20-30%が肌の奥の真皮層にまで達すると考えられており、ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す繊維芽細胞に損傷を与えます。

その結果、UVAを浴びた肌は弾力を失い、シワやたるみといった肌の老化現象を引き起こすと考えられています。

UVAはさらに、メラニン色素の合成を増やし、シミが目立つ原因をつくります。紫外線によって生じるシミ、シワ、たるみを「光老化」と呼びます。

 

特徴は

・波長が長く、表皮だけでなく肌の奥の真皮まで届く

・雲や窓ガラスを通して肌まで到達する。

・赤みや炎症が起きにくいので気が付かないことがある

・日常生活を送る中で「うっかり日焼け」をしやすい。

 

知らないうちにじわじわ老化させてくるのが、このUV-Aです。

肌の内部に入ってくるって本当に怖いですよね。

昔は老化=加齢。

年齢を重ねることで、シミしわたるみ肌になると言われていましたが、

現在は老化=紫外線。

「光老化予防」が美容にとても大切です。

これは、毎日の積み重ねなので、部屋の中にいるときはせめてお顔の日焼け止めをつけること、外出する際は、日光に当たる部分の皮膚は、日焼け止めを塗るか、長袖の服や、手袋、ストール、日傘でお肌を守ることが、シミしわたるみを作らせない肌を維持させることに繋がります。

 

また、お手入れを忘れがちな部位が手の甲です。

 

手の甲は、紫外線対策をしていないと必ず「シミ」と「シワ」が表れてきます。

 

 

私が化粧品販売していた頃、私の仕事は化粧品を紹介、販売することが仕事でしたから、

化粧水や美容液をお客様の手の甲につけて使用感や香りを試してもらうのですが、

ある年代から上の方の数名のお客様に

 

「手が汚くて恥ずかしいから見せたくないの」と

手を後ろに隠されました。

それだけ、手元の衰えは気になります。

 

だからこそ、まだシミやしわが出来ていない方はしっかりと「予防」してくださいね。

 

 

次は、SPFとPAについて。

 

SPFとは、Sun Protection Factor

強い紫外線B波をカットします。

現在はSPF50+が一番カット力が強いです。

かなり以前は、SPF80とか100など高い数字の日焼け止めもありました。

しかし、現在は全てSPF50を超えるものは50+に統一されています。

 

SPF1はUVBを約20分カットする指標です。

SPF30は 20分×30=10時間カットする計算になります。

SPF50だと、16時間以上カットできることになります。

 

紫外線に当たる時間が通勤やお買い物など1~2時間程度であれば、真夏でもSPF30前後の日焼け止めで十分です。

数値が高いとUV-Bを長時間カットできるのですが、そこには汗をかいたり化粧が崩れたりして日焼け止め効果が薄くなったことは考慮されていません。

大事なのは化粧直しをしたり、こまめに塗りなおすことが重要です。

 

顔なら、パウダーファンデーション、おしろい、顔に直接吹きかけられるUVスプレーや

ボディーの方は、ミニサイズの日焼け止めを持ち歩いて塗り直しをするのがオススメです。

 

お肌のためにはデイリーと、レジャー使いを分けることです。

勿論、「今日は一日外にいる!」というときは、50+を使って頂きたいので

お仕事などで外にいる時間が多い方は日常的に50+を使い、

一日数時間しか紫外線に当たらない方はSPF30前後で十分です。

 

続きましてPA。

Protection Grade of UVA

UV-Aをカットします。表示はPA+からPA++++まで

2013年1月から++++が追加されました。

 

+の数が多いほど紫外線A波(UV-A)を防ぐ効果が高くなっています。

紫外線A波(UV-A)はシミやしわの発生に大きく関わっているといわれています。

波長が長い分、肌の奥深くまで到達し、様々な影響を及ぼします。

雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので、曇りの日も日当たりの良い家の中でもしっかり紫外線A波(UV-A)を防ぐことが必要なのです。

 

では、続けて日焼け止めの選び方。

顔は、「UV乳液」がオススメです。

目安の価格は1本、3,000円~くらいであればあとは「好きなブランド、保湿、美白、好きな香り」何を選んでも特に大きな差はありません。

 

日中用乳液は私も必ず使うように推奨してます。

一日家から出ない日も、紫外線は部屋に注いでいます。

朝、顔を洗って化粧水とこちらを使うだけで構いません。

 

顔用の日焼け止めには、保湿効果や美白成分など美肌成分もたっぷり入っていますのでボディーと顔は使うものを変えた方が良いと思います。

 

また、ボディー用の日焼け止めも定価2,500円前後くらいの商品を購入しています。

 

あとは、外出の際はバッグに日焼け止めを入れて手を洗った時や汗をかいたときは塗りなおすことがポイントです。

 

玄関にスプレータイプの日焼け止めを置いて、外出前に髪の毛やデコルテなどにひと吹きする・・・など

紫外線をいかに防御するかが、美しい肌をキープする事に繋がります。

 

是非、紫外線からお肌を守って美肌キープしてくださいね!

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です