日本人の顔立ちが変わるかもしれない危機

今、携わっている仕事の一つに海外に関係した業務があります。

私の担当は主にベトナムで中国が少し。
先日ベトナムの方が来日した際でのミーティングでは
英語、ベトナム語、中国語、日本語が飛び交い不思議な空間でした。
皆さん、母国語と英語は話せて、日本語しかできないのは私だけだったので
英語の勉強は必須だなとかなり焦っています。
どちらの国も、日本の化粧品や美容機器の輸出に関することです。
皆さんが口をそろえておっしゃるのは
「日本の化粧品や美容機器は素晴らしい」
「日本人みたいに綺麗な肌になりたい」
「肌が白くなりたい」
と。
日本の商品が欲しい!
美しくなりたい!
美への欲求はどちらの国からも強く感じます。
想像していた以上に日本の商品に対しての信頼と憧れがあることを知りました。
しかし。
美肌に関心が高い方も薄い方も人それぞれなので、全ての人がとは申しませんが、
長年化粧品や美容に関わる仕事をしてきた私としては
日本人女性から美への強い気持ちや欲求はあまり感じられません。
日本人女性の肌は綺麗なので「美肌に力を入れるほど困っていない」と、緊急性がないからかもしれませんし、
私がとてもとても美肌にこだわるのは、自分の容姿へのコンプレックスが強すぎることが要因です^^
今、フェイシャルに通ってくださっている中国人の大学院生の方は
年齢は20代前半で、肌はニキビ一つなくツルツルです。
普段使っているスキンケアもデパートコスメが多くてびっくりするほどです。
最初に来られた時に
「私は肌は絶対美しくありたいんです」と仰っていました。
今の日本人女性は仕事も忙しく、中には家事も両方行っている方がほとんどなので
時間も手間も自分にかけることが難しいのは現実です。
だからこそ、オールインワン化粧品やBBクリームなどの人気が高まり
今もずっと売れ続けています。
今の中学生くらいの年齢から20代前半の女性は
「流行りのメイク」をしている方が多く、
みんな見た目が似ている・・・のは置いておいて
「可愛く見せたい!見られたい!」気持ちを強く感じるのでとても良いことだと思います。
可愛いメイクにニキビだらけのお肌はきっと好まないでしょうから
自分のお小遣いに合わせて購入できるスキンケアもいっぱい探されていることでしょう。
しかし、仕事もプライベートも急激に忙しくなる20代後半から
自分の肌のお手入れに時間や気力を使える方はどれほどいらっしゃるでしょうか?
フルに仕事をし、そこに家事育児が入ってくると
寝る時間の確保すら難しくなってきます。
時短コスメで済ませたい、ついつい化粧したまま寝てしまう、化粧ノリが日によって違う。
気持ちは十分わかります。
しかし、上記にプラスしてさらに怖いと思っていることは
マスクの普及です。
年中マスクをつけている方本当に多いですよね?
マスク文化が根付くと数十年後の日本人の顔だちそのものが変わる危険性があると思っています。
風邪やインフルエンザ、花粉やアレルギー、妊娠中の方などはマスク必須です。
必ず着用してください。
これは一時的なものなので問題ありませんが、
しかし、怖いのはいわゆる「すっぴんマスク」。
すっぴん隠し、マスクをすると可愛く見える、冬場は防寒のため・・・など
顔を隠すことを目的としたマスクの常用は危険です。
「人に見られていない」事により、表情や筋肉など必ず緩んできます。
マスクをしていたら、大きな口を開けて人前であくびをしたって恥ずかしくありませんよね?
緊張感が全く無くなります。
芸能人やモデルさんがデビューしたときから年々美しさが増していくのは
「人に見られる仕事」をしているので
表情も、見せ方もメイクも全てが変わり、磨かれてどんどん美しくなります。
マスクで顔を隠すという事は「人に見られない」ということ。
真逆になったときにどのような顔立ちに変わるか・・・想像に難くないと思います。
年中マスクをする、時短コスメで済ませる、メイクをしたまま寝る、肌に自信がないので鏡を見る時間が少ない・・・
このようなことが、当たり前になってくると
「日本人は美人で肌の美しい人が多いですね」と言って頂けることが少なくなるのではないかな・・・と思います。
私は素肌が変わって全ての事に自信を持てるようになりました。
斜め下を向いていた顔をスッと上げることが出来るようになりました。
自信をもって相手の目を見て話が出来るようになったことで人間関係がとても良好になりました。
日本人の肌はとても美しいです。
是非、大切に手間をかけてあげてください。
そして隠すことなく美しいそのお顔、素肌を出して頂きたいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です