強力な抗酸化作用、アスタキサンチン

オレンジ色の色素を持つ「アスタキサンチン」

化粧品によく配合されていますよね。

 

色は、着色されているのではなく

鮭、イクラ、エビ、カニなどの海洋性生物が紫外線の悪影響から身を守るために備えている成分の色です。

トマトやニンジンなどもカロテノイドというオレンジ色の天然色素です。

 

アスタキサンチンの特徴は

「抗酸化作用が高い!」こと。

つまり、錆びさせない=老化防止に繋がります。

 

抗酸化力のある成分はたくさんありますが

「抗酸化作用=すべての活性酸素除去効果」ではありません。

抗酸化成分といくつも種類のある活性酸素には相性があります。

 

「〇〇成分は〇〇活性酸素除去効果が高い」というように

アスタキサンチンは紫外線によって増える”一重項酸素”という活性酸素を

除去するパワーが高いのです。

ビタミンCやコエンザイムQ10なども、活性酸素の種類によって得意不得意があります。

逆に複数の活性酸素に抗酸化作用を発揮できるのは

白金ナノコロイド(プラチナ)です。

(もう少し成分として流行るかなと思いましたけど、あまり広がりませんでしたね)

 

「アスタキサンチン」と言えばコーセーさんというイメージが強かったのが

いつの間にか富士フィルムさんのアスタリフトが一般的イメージに変わっていったのには

当時、店頭で両方販売しながらびっくりしました。

 

私も大好きな成分アスタキサンチン!

 

・紫外線を浴びない。

・紫外線を浴びた後のケア。

 

両方並行してケアをすることで

美白肌だけではなく「老化しない肌」を継続出来ます。

毎日の積み重ねが数年後に大きな「差」になって現れますよ^^

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です