寒気・乾燥の季節は、温活を取り入れ素肌美人をキープ

11月の雪の観測は54年ぶりとニュースで流れていますね。

昨晩、まさか本当に雪にはならないだろうと思っていましたが

今住んでいる青葉区では6時半頃はみぞれ。

7時には雪へと変化しており、外に出てびっくりしました。

 

つい先日20度前後の気温の暖かい日があれば

今朝のように急激に冷えることもあり

顔は外気にさらされているので、過酷な状況です。

肌の乾燥も進みます。

 

気温が低下すると、血管が収縮し、血流が悪くなります。

手足が冷えて肌色も変わってきますよね。

お顔は常に外に出ているので、血管収縮して血流が悪くなると一瞬でくすみます。

代謝が悪くなり、血管の中を二酸化炭素や老廃物が流れるようになり悪循環です。

フェイシャルをしている時もお客様のお顔が冷たいな・・・と感じることが多々あります。

 

”女性に取って冷えは大敵です”というフレーズはどこでも目にしますよね。

当たり前のことですが・・・

・首を冷やさない(マフラーで守ります)

・足元を温める(暖かい靴下や足用カイロもオススメです)

・湯船に浸かる

・体を温める食事をとる(タンパク質や生姜、根菜など)

など。

特に全身が温まり流れが良くなるような習慣が望ましいと思います。

食事や、湯船に浸かること、足の温めなどは全身の血流に働きかけます。

 

最近私が特に気にしていることは「足元を温める」こと。

足元を温めると全身の血流が良くなり、頭も手先も血液が行き渡っていることを感じます。

指先の冷えも改善しました。

座り仕事で、会社で許されるなら・・・

温熱スリッパや電気膝掛けなどで足元を温める。

外での仕事ならお腹を冷やさない。

カイロを有効に使う(お腹・肩甲骨・腰・足用など)。

 

寒気、乾燥

お肌にも体調管理にも厳しい季節が始まりました。

温活で、血色の良い健康的な素肌を保ちましょうね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です