私がコエンザイムQ10を飲み続ける理由

健康食品や化粧品で見かける成分。

コエンザイムQ10。

十数年前の某TV番組で爆発的にヒットし

一瞬であらゆるメーカーからコエンザイムQ10の健康食品や化粧品が誕生し、飛ぶように売れた時代がありました。

 

ブームは去ったものの、質の高いコエンザイムQ10はまだまだ健在です。

私自身も明らかに体調の変化を感じましたので5年以上は飲み続けています。

 

コエンザイムQ10は細胞や血液中に存在することから、ラテン語で「いたる所に存在する」という意味を持つ「ubiquitous(ユビキタス)」という言葉に由来するものです。

エネルギーを必要とする心臓の筋肉や、骨格筋、肝臓や腎臓など体の最も重要な部分に存在し、加齢とともに減少します。

 

【コエンザイムQ10(ユビキノン)の効能効果】(医薬品にはこのように記されています)

軽度な心疾患により、日常生活の身体活動を少し越えた時に起こる次の症状の緩和:
”動悸、息切れ、むくみ”

【主な働き】

・細胞のエネルギー産生を向上させる

・脂溶性の強力な抗酸化物質

体内のサビの原因(老化)を取り除く「最強の若返り素材」です。

 

【実感しやすい症状】(人それぞれ異なります)

・疲労回復

・免疫力アップ

・インフルエンザ感染予防

・むくみ・冷え・頭痛改善

・美肌効果

・抗ストレス など

 

私がコエンザイムQ10を飲み続ける理由、体感は大きく2つあります。

・動悸の改善

20代後半から健康診断で何度か心電図でチェックされ、看護師さんから

「病院でお薬などもらってますか?」と言われ

「いえ・・・今の所は・・・。」と答えていた私がここ数年、心電図でチェックが入らなくなりました。

実際、強いストレスを受けると自分でも動悸を感じることがありましたので

かなり改善したのではないかと思います。

 

・体の疲れ

帰宅が遅く、睡眠時間があまり取れない時など、寝る前にやや多めにコエンザイムQ10を飲むと、朝、目覚めやすくなります。

だるくて重い体、朝起きるのが辛い方などにとてもオススメです。

※正しい飲み方と容量は添付文書を読んでくださいね。

・1日100〜150mg(だいたい2〜3粒)

・食後服用(食後の方が体内吸収率が上がります)

 

あとは・・・かなりハードな生活を送っていましたが

一度もインフルエンザにかかったことはありませんでした。

 

試しに一箱だけ購入して飲んだり飲まなかったりされるのであれば

安くはないので、購入しなくて良いと思います。

 

長年飲み続けていると徐々に変化が現れてきます。

特に「アンチエイジング(老化防止)・美肌」を期待される方は

長年飲み続けた時に、同年代の方と、肌ツヤや体調が違う!と感じられるでしょう。

体内は毎日サビ続けています。

飲めば美肌になる・・・というより、

飲み続ければ体内がサビずに若々しく健康な細胞を保つので結果的に

見た目年齢も若々しいまま保たれます。

 

美容と健康は予防から。

Comment

  1. aiko より:

    私も以前は、飲んでいました!
    朝が苦手な私が、すっきり目覚められることに驚きました。
    でも、実感する効果は人それぞれみたいで、
    私の友達は、疲れにくくなった!って言ってました。

    最近飲んでないから、また飲み始めようかな?!

    • GotoMiyuki より:

      aiko様
      コメント有難うございます!!

      体調の変化を感じると、体がその成分を必要としてるんだな・・・と実感しますよね!!
      確かにaiko様や私の様に朝の目覚めが変わる方や
      疲れにくさを感じる方など人によって様々ですよね!
      むくみにも効きますし^^
      季節の変わり目ですし、インフルエンザ予防にもオススメなので
      また飲み始めるのも良いと思います。
      私も止めれません! 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です