保湿ケアの見直し〜乾燥肌は様々な肌トラブルの元〜

10月も終わりに差しかかり、朝晩の気温の変化や湿度の低下を感じる季節になりました。

そろそろ目周りや口周りなど肌の乾燥が気になり出したという方もおられるのではないでしょうか?

肌の乾燥はすべての肌悩みに結びついています。

乾燥・シミ・シワ・たるみ・くすみ・毛穴の開き・ニキビ・肌荒れ・クマ・敏感肌など

一つも当てはまらない・・・という方は少ないのではないでしょうか?

以前は、10〜20代前半の若い方の肌悩みは”ニキビ”という方も多かったのですが、今は、”乾燥”の方が上位に来ています。

年代問わず”乾燥肌”悩みがトップを占めていますので、保湿対策は重要です。

 

ここで、一度首筋を触ってみてください。

その後頬を触って、手のひらから伝わる肌感触に違い、ありませんでしたか?

首筋はしっとりと吸い付くような肌触りですが、頬の方はさらっとしている。

そのような方は保湿対策が重要です。

 

対処方法:

・クレンジング・洗顔で肌表面を清潔に保ち、次のスキンケアの浸透を良くする

・洗顔後コットンにふきとり化粧水を含ませ、顔全体を軽く拭き取り不要な角質を取り去る

・導入美容液・オイル美容液を化粧水の前に使用し、次のスキンケア(化粧水や美容液)の浸透を促進させる

・化粧水・乳液・クリームなど基礎化粧品を毎日、適量しっかりと塗布する。

乳液、クリームを使用していないまたは、使用量が少ない方が多いです。

・ハリ対策・保湿美容液を取り入れる。

ハリアップ美容液は保湿効果も兼ね備えているのでハリ・エイジングシリーズの美容液はオススメです。

 

※ご自身がどこのブランドの、何のスキンケア(保湿・美白・エイジング・敏感肌用など)を使用しているか解らないという方もおられます。

まずは、毎日使用しているスキンケアを確認してみてください。

それだけでも、肌悩み、なりたい肌に合っている化粧品かそうではないのかわかると思います。

 

私は保湿ケアとして、化粧水はコットンで顔全体に塗布してから、2〜3滴手のひらに乗せて再度化粧水を肌になじませます。(ハンドプレス)

お風呂から出た直後、肌の乾きが気になった時、ミスト状化粧水を塗布します。

その後、オイル美容液をたっぷりつけ、その後にスキンケア(化粧水・美容液・乳液、クリーム、アイクリームなど)をします。

ファンデーションはリキッドタイプを使用しています。

食生活でも、水分を多めに摂る。質のいいオイルを摂取するなど、身体からの保湿も大切です。

 

みずみずしい潤いのあるお肌は、見た目の美しさだけではなく

肌トラブルや肌の老化防止に繋がりますので、

保湿ケアを季節の変わり目の今、見直してみてくださいね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です