美白肌〜紫外線から肌を徹底的に肌を守る〜

美白肌の人の共通点。

それは、徹底的に紫外線から肌を守る生活を送ること。

■一年中UVカットをしている

■日傘、長袖、手袋、サングラス、ショールを身につける

難しいことではありませんが、なかなか出来ないもの。

全てではなく一つでも、面倒だな・・・が気楽に”当たり前”に意識が変わると良いですね。

 

■一年中UVカットをする。

「電気を消して部屋の中の物が見えるなら、そこには紫外線が注いでいます」

と、教えて頂いたことがあります。

窓やカーテン越しに紫外線は部屋の中に入ってきます。

 

・UV加工の窓やカーテンをつける

窓は変えられませんが、カーテンはUV加工のものを使用しています。

 

・朝専用のUV乳液を一年中使用する

様々なメーカー様で朝専用UV乳液」を販売しております。

乳液・日焼け止め・美容液・化粧下地などの複合的な効果がありますので

朝、洗顔→化粧水→UV乳液をつけるだけでスキンケア完了、紫外線から肌を守ります。

(耳の後ろやデコルテも忘れずに伸ばして下さい)

img_3281 img_3282

選び方

・いつもお使いの化粧品ブランド、好きなメーカーで選ぶ

・日常紫外線はSPF30未満ほど、外出が多く紫外線に当たる時間が多い方はSPF50+など目的やシーンによって使い分ける。

・保湿・美白などスキンケア効果で選ぶ

 

■日傘、長袖、手袋、サングラス、ショールを身につける

・3月〜10月頃は折りたたみの日傘をいつもバッグに入れています。

直射日光を浴びるより日傘で守ったほうが暑さが軽減します。日傘を使うようになり夏がとても楽になりました。

急な雨でも対応可(かなり重宝します)。

・長袖、手袋着用により、日焼け止めを塗らなくて済む。

肌がベタベタすることもなく、羽織って手袋をはめるだけなので簡単です。

※特に手元はうっかり紫外線を浴びやすい部位です。いつの間にか手の甲にシミが出来ないように未然の予防が肝心です。

・「目」から紫外線を浴びるとシミの元のメラニンが発生するという論文もあります。

出来ればサングラスなどで守ったほうがいいそうです。

・首のシワが気になったり、相手のデコルテを何気なく見てしまうことありますよね。

首には年齢が出やすいので、日焼け止め(UV乳液)をつけたり、ショールを巻いて紫外線から守ってください。

 

年齢を重ねても、紫外線をほぼ浴びていない肌の部位は、キメが細かく美しい素肌をしています。しかし、いつも外に出ているお顔や手元などはシミやシワが出やすくなります。

美白肌、老化防止には「紫外線から肌を守る」ことが一番大切です。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です