クレンジングの種類

クレンジングって種類がとても多いですよね。

「洗うこと」はスキンケアの最も大切なファーストステップです。

(マイルールでも少し触れましたが)

肌の汚れをしっかりと取り去る事で、普段使用の化粧水や美容液の効能を最大限引き出してくれます。

 

クレンジングのタイプ(肌質やメイクの状態

■オイルタイプ・・・しっかりメイク、素早く落としたい

■オイルフリージェルタイプ・・・マツエクされている方、ナチュラルメイクの方

 油性ジェルタイプ・・・しっかりメイク、さっぱり落としたい

■クリームタイプ・・・乾燥肌、敏感肌

■ミルクタイプ・・・ナチュラルメイク、お肌への負担が少ない

■ホットクレンジング・・・毛穴の黒ずみ、くすみが気になる方

■シートタイプ・・・手軽に落としたい

■リキッドタイプ・・・さっぱりと手軽に落としたい

■ポイントメイクアップリムーバー・・・目元・口元ポイントメイク落としに

まつげエクステの方はオイルフリーのジェルやリキッドタイプがオススメです。

 

個人的な使用感想

◯オイル・ジェル・クリームタイプ

私が一番使うタイプです。3タイプともしっかりメイクをきちんと落としてくれます。

今使用しているのは前職で携わったブランドのクレンジングなので名前は割愛しますが、その他シュウウエムラのクレンジングオイルやアトレージュのジェルクレンジングはかなりリピートしました。

129912pdt266473

◯ミルクタイプ・リキッドタイプ。

ミルクタイプは洗浄力が弱く、しっかりメイクの私には不向きですので使用していませんが、メイクが薄い方やナチュラルメイクの方には適していると思います。

リキッド(水)タイプはコットンに含ませてふきとりますので、化粧水を塗布する時と違い、手元に力が入りやすくなるので、使用経験はありますが、継続使用はしてはいません。

◯ホットクレンジング。

ポカポカと温かいので面白いテクスチャーです。

ジェルがかなり重たく、顔の上で伸ばしにくいのが難点かと。

◯クレンジングバーム。

メイクもしっかり落ちて使用感も良かったです。人気も高いです。

195906

◯ポイントメイクリムーバー。

素顔になった時に目元がくすんでおられる方は、クレンジングの際に目元を強くこする癖があるかもしれません。

ポイントメイクリムーバーで優しく拭き取って目元の負担を軽減してください。

wjht209431

 

◯シートタイプ。

化粧品メーカー時の社内研修で「肌診断器(肌のキメなどが見れる機械)」の接客練習を行う際、ファンデーションを落としてからスコープを肌に当てなければなりませんので、クレンジングシートで肌のファンデーションを落として、スコープ越しにキメを見た時に、キメの溝にファンデーションがくっきり残りキラキラ光っていたのを見て、「こんなにメイクが肌に残ったままなんだ!」と思い、その後シートタイプは使わなくなりました。

 

このようにタイプだけでも様々です。

ご自身の肌質、ナチュラルorしっかりメイクなどで最適なものを選ぶとお肌も喜びます。

次は、補足を少し・・・。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です